ワンオペ育児

「ワンオペ育児をさせる夫」の特徴3つ!あなたの旦那さん、いくつあてはまりますか?

どうも、よだかです!今回は「ワンオペ育児をさせる夫の特徴」を私なりに考察してみました。
自分の経験と、周りのエピソードも織り込んでいます。割と信憑性があると思います。笑

1.夫の母親が何でもやってあげちゃうタイプ(またはやってきた)

姑が何でもやってあげちゃうタイプ

私の元夫はこのタイプでしたね。
元夫のお母さん、つまり義母ですが、もろに「女は家庭!男は仕事!」というタイプでした。

内職をしていた私が「正社員になりたい!」と言った時も、
「子供たちが可哀想」
「夫のサポートをするのが女の仕事」
「働いたら家事育児が疎かになるんでしょう」
と言われましたね^^;

「いやいや、お宅の息子の稼ぎじゃ生活できないんだよ!」


喉元まで出かかった言葉を呑み込みました。

義実家に帰省した時は、「普段頑張っているんだから」と息子に上げ膳据え膳。
子供が泣いていてもずっとスマホをいじっている元夫に注意もしませんでした。

とはいえ、私の事は可愛がってくれて、仲はよかったと思います。
でも、女性の生き方や働き方についてはまるで考え方が違いました。

「男はお金を稼ぐ、女は家庭に入る」

という考え方の母親に育てられたら、そりゃ嫁にも同じ事を求めてしまいますよね。
元旦那も、義母も、悪意はないんです。これがまた一層タチが悪い!笑

育ってきた環境が違うから〜♪
と、思わず「セロリ」を口ずさんでしまいます。笑

2.数値や地位、肩書きに価値を感じる

数値や地位、肩書きに価値を感じる

2つめの特徴がこれです。
・「夫が正社員で妻がパートもしくは専業主婦」という構図の家庭
・「収入が高い方=頑張っている」という考え
・「家族を養う」という感覚が強すぎる

これらはワンオペ育児をさせる夫にありがちなパターンです。

例えば、夫婦共働きで同じく正社員だったとしても、
収入が1円でも高い方が「すごい、えらい」という感覚を持っている男性はワンオペ育児をさせがちです。
「稼いでいれば、他のことはやらなくてもいい」という思考パターンですね。

男性は、女性と違い、どちらかというと分かりやすい数値や地位に価値をおく傾向にあります。
そう、つまり「はっきり比べられるもの」に価値を感じるのです。

でもこれは悪いことでは決してありません。
ビジネスや稼ぐということにフォーカスすれば、それはむしろ持っていなければならない感覚です。

でも、夫婦関係には持ち込まない方がいいですね。
それが「パートナーより偉い」ということにはならないからです。
「収入がある=家事育児をしなくてもいい」という免罪符にはなりません。

家事や育児は仕事と違い、報酬がもらえる訳ではありません。
収入や肩書きに価値を置いてしまうと、そういう男性の頭の中では家事育児は「価値のないもの」に分類されてしまいます。

3.脱いだ服が抜け殻のようにそのままの形で床に落ちている

脱いだ服が抜け殻のようにそのままの形で床に落ちている
お前は蛇か!金運あがるやつか!

まるで脱皮した蛇のように、脱いだ服や靴下がそのまま脱衣所の床に落ちている。

私も元夫もそうでしたし、周りのワンオペママの旦那さんにも共通していることがこれでした。
人は何気ない言動に、考え方が現れるものです。

では、脱いだ服をそのままにする行為は、一体何を表すのでしょうか?

それは…「責任感のなさ」です。

「他の誰かがいつか何とかしてくれる」という気持ちの現れです。
この場合は「嫁がやってくれるだろう」ということですね。

この思考は、育児に対してもその本領を発揮します。

子供が泣いていても、スマホをいじっていたり、
食べたお皿をそのままにしたり、
仮病を使って、部屋に籠ったり(←元夫)、
奥さんが「いいよ。私がやるから」というのを待っていたり。

このようなタイプの男性は、完全に育児が他人事になっているため、妻にワンオペ育児をさせてしまいます。

夫婦の感覚が良くも悪くも重なってできた奇跡の産物!それが「ワンオペ育児」

夫婦の感覚が良くも悪くも重なってできた奇跡の産物!それが「ワンオペ育児」
こうなると相性いいんだか悪いんだかもう分かりませんよね

さて、いかがでしたでしょうか?

男性の事ばかりについて触れてしまいましたが、ワンオペ育児は、実は奇跡の産物なのです。

古典的な風習や、男性のタイプももちろん原因ですが、
女性側も同じ価値観を持っているからこそ、ワンオペ育児という状況が生まれます。

「私は主婦だから、家事育児は自分の仕事」
「夫の方が収入があるから、協力して欲しいなんて言えない」
「自分は甘えているだけなのではないか」

そんな風に思っていませんか?

多分、
「おい!お前ばっか好きなことしてふざけんなゴルァ!しばくぞ」とかハッキリ言えるママだったら、
ワンオペ育児という単語はあまり脳裏によぎらないと思うんです。笑

ママが我慢して、自分の気持ちを言えずに押し殺してしまっているのも、原因だと思うんです。

ワンオペ育児は苦しいものです。
旦那さんに、きちんと自分の考えや気持ちを伝えるべきです。

妻は、侍女ではありません!

そう言えば西野カナさんの歌に

「!靴下裏返しじゃねーか!これ一体誰が片付けんのよ?」

みたいな歌詞がありましたね…。(実際はこんな口悪くないですよ笑)

この男はワンオペ育児させる夫になる可能性大ですね!!
テレビもつけっぱで寝てるし!笑

では、また^^

-ワンオペ育児
-, ,

Copyright© ヨメでもツマでもないママのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.