育児 離婚

【夫が育児に協力しない】という理由で離婚はできる? 協議・調停・訴訟…「離婚の種類」で違います

こんにちは。よだか(@yodakamama)です!
今回は「ワンオペ育児って離婚の理由として認められるの?」という記事です。

心身共に消耗するワンオペ育児…「離婚」の文字がチラついてしまうママも

心身共に消耗するワンオペ育児…「離婚」の文字がチラついてしまうママも
「どの道ワンオペ育児なら、いっそ離婚したい」と考えるママもいます。

まず最初に、「ワンオペ育児 離婚」というキーワードでこの記事に辿りついたヨメツマのあなた。
毎日本当にお疲れ様です。

「ワンオペ育児+離婚」でネット検索…。

この2つのワードが頭を過ぎっているということは、心身ともに相当疲れていると思いますし、
絶望的な気持ちの方もいるかもしれません。

そのくらい、孤軍奮闘の育児は心身ともに辛いものですよね。
ワンオペ育児をきっかけとして、旦那さんへの気持ちがスーッと冷めてしまう事もあるかもしれません。

毎日ワンオペ育児で辛い…。全然家事育児に協力してくれない旦那のことを、もう好きとは思えない。
どうせ1人でやるなら、いっそのこと離婚したい…。でも、ワンオペ育児って離婚の理由になるのかな?

こんな風に考える方も多いと思います。

というか、私がまさにそうでした!

今回はそんな方のために、

【ワンオペ育児は離婚の理由になるか?】

ということをお話しようと思います!

夫婦はそもそも「協力しあう義務」がある!

夫婦はそもそも「協力しあう義務」がある!
結婚という契約には、3つの義務があるんです。

夫婦関係には、3つの「義務」があることをご存知ですか?

・同居義務
・協力義務
・扶助義務

以上の3つです。

それぞれの詳しい説明はここでは省きますが、簡単に言うと

夫婦は一緒の家に住んで、お互い協力しなさい。経済的にも助け合いなさい

というものですね。

じゃあ、夫が家事育児の協力をしてくれないワンオペ育児は、「協力義務違反」になるの??

と、思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ワンオペ育児が離婚の理由として成立するかどうかは、離婚の種類によって違うんです。

ワンオペ育児で離婚できるかは、離婚の種類によって違う

ワンオペ育児で離婚できるかは、離婚の種類によって違う
離婚にも種類があることをご存知ですか?

協議離婚、離婚調停なら理由を問わず離婚できます

協議離婚の場合

協議離婚(話し合い)や調停離婚をする場合であれば、理由の如何を問わず夫婦が互いに合意していれば離婚可能です。
子どもの親権者を決めて、離婚届を市町村役場に提出すれば手続きは完了します。

「離婚したい」という気持ちを夫に伝えて、夫がそれに合意すれば、もう離婚届を書けるわけです。

調停離婚の場合

もし離婚協議で合意できない場合は、家庭裁判所で調停をすることで離婚の話し合いができます。
調停というのも、話し合いの手続きになります。

調停離婚の場合も、夫婦が合意すれば特に明確な理由がなくても離婚することができます。
調停を開始すると調停委員が間に入り、話し合いを進めてくれます。

顔を合わせると喧嘩ばかりで話し合いにならない場合や、時間がかかりすぎる場合などは、調停を利用するのも1つの手段かと思います。

離婚訴訟(裁判)では「ワンオペ離婚」は認められない可能性が!

一方、離婚訴訟では「ワンオペ育児」というものは離婚の理由として認められない可能性が高いです。

そもそも離婚訴訟を起こし、判決による離婚をするためには、
「その他婚姻生活を継続し難い重大な事由」というものが必要なんです。

裁判では、ワンオペ育児は「婚姻生活を継続し難い重大な事由」にならない可能性が高いです!

「婚姻関係を継続し難い重大な事由」とは??

法律で定められている「婚姻関係を継続し難い重大な事由」には、以下のものがあります。

・配偶者の不貞(浮気、不倫)
・悪意の遺棄(生活費不払いや家出)
・3年以上の生死不明
・回復しがたい精神病

こうして見ると、いずれも結構ヘビーなものばかりですよね…。

なので、「ワンオペ育児」という理由のみでは、「婚姻関係を継続し難い重大な事由」とは言えず、
判決による離婚は認められない可能性の方が高いんです。

ワンオペ育児でも、こんなパターンの方は裁判で離婚できる可能性が

例えばの話ですが、

奥さんが毎日ワンオペ育児で奮闘しているのに、旦那さんが陰で他の女性と不倫や浮気をしているパターンは、
「婚姻関係を継続し難い重大な事由」のなかの「配偶者の不貞(浮気、不倫)」に該当するので、判決による離婚が認められる場合があります。

あとは、ワンオペ育児がきっかけで夫婦が不仲になってしまい、実家に帰るなどして夫と別居している場合や、
相当長い間別居している場合などには、実質的に婚姻関係が破綻していると認定され、判決による離婚が可能な場合もあります。

なるほど。じゃあ、ワンオペ育児を理由として離婚するには、協議離婚か調停離婚ということね…(メモメモ)。

まとめ

まとめ

さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか?

私は離婚を勧めるわけでは決してありません。

ですが、離婚することによって逆に得られる幸せや、心の自由があることも、私は自分自身の経験から知っています。

もちろん、ワンオペ育児が辛いのであれば、夫婦で話し合って協力して生活を営んでいくのが理想ではあるのですが、
「離婚したい」という意思が固まっている人は、この記事が参考になればと思います!

では、また!

About Author

-育児, 離婚
-,

Copyright© ヨメでもツマでもないママのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.